正しいタオルドライのやり方とは

query_builder 2021/10/01
コラム
17

お風呂上りなどにドライヤーで髪を乾かす前に行う「タオルドライ」ですが、ただゴシゴシと拭いているだけでは髪を傷める原因にもなってしまいます。


実は、タオルドライを正しく行うことで、美髪になることができるんです。

そこで今回は、正しいタオルドライのやり方についてご紹介したいと思います。


▼正しいタオルドライのやり方とは

ドライヤーは完全に髪を乾かす物ですが、その前にタオルである程度水分を拭き取っておくと髪の乾き方を早くすることができます。

ドライヤー前にしっかりとタオルドライを行うと、ドライヤーを長時間充てなくても良いですし、髪を熱から守ることができます。

では、正しいタオルドライのやり方について見ていきましょう。


■まずは根元から

まずは髪の根元の方を優しく揉むようにして水分をしっかり拭き取りましょう。


■耳の後ろ、襟足部分もしっかりと

耳の後ろ、襟足部分もタオルでしっかりと拭き取ります。


■毛先を優しく拭く

頭皮の水分を拭き取ったら、タオルを半分にたたみその間に毛先を挟んで水分を吸収していきます。

挟んだら次という具合に毛先へ向かって拭いていきます。

この時、タオルで挟んだまま動かさないように注意して下さい。


■タオルドライの確認

タオルドライがきっちり行われているかどうかの確認を行います。

全体的にタオルドライが終わったら、コームやブラシで髪をとかします。

その際に水滴が出る様なら、再度タオルドライを繰り返します。

水滴が出ない場合は、ドライヤーで乾かしましょう。


▼まとめ

正しいタオルドライのやり方についてご紹介しました。

タオルドライをするときは、面倒臭がらずに丁寧に拭き取ることが大切です。

又、ドライヤーをかける前には洗い流さないトリートメントを付けてから乾かすと髪のダメージを押さえることができますのでおすすめです。


NEW

  • 寒くなってきて冬仕様

    query_builder 2021/11/22
  • 泡おもい石鹸で環境がキレイに✨

    query_builder 2021/11/17
  • コラムを発信してまいります。

    query_builder 2021/07/30
  • 頭皮ニキビの原因ついて

    query_builder 2021/12/08
  • リンスとトリートメントの違いについて

    query_builder 2021/12/01

CATEGORY

ARCHIVE