ヘアブラシの洗い方について

query_builder 2021/10/22
コラム
20

毎日ブラッシングに使用するヘアブラシは、抜け毛や皮脂・埃などの汚れがたまってしまいます。


汚れた状態で使用していると、雑菌の繁殖や臭いも気になるので定期的に洗ったりメンテナンスするのがおすすめです。

今回は、ヘアブラシの洗い方についてご紹介していきます。


▼ヘアブラシの洗い方

ヘアブラシの素材別に洗い方を見ていきましょう。


■プラスチック

①ゴミや汚れを取る

②水で洗う

③つけ置きする


リーズナブルな価格で購入できるプラスティックは、素材を気にすることなく洗うことが可能です。

中々取れない汚れが付着している場合は、水にシャンプーを溶かしたものにつけ置きしてみてくださいね。

汚れが落ちたら、しっかりと乾燥させれば掃除完了です。


■木製

①ゴミや汚れを取る

②濡らしたタオルでふき取る


木製のヘアブラシは静電気が起きにくく、髪や頭皮にもやさしい人気のブラシです。

しかし、水洗いしてしまうとカビや素材の腐食に繋がる場合もあります。

濡らしたタオルを硬く絞り、ふき取る掃除がおすすめです。


■獣毛

・ゴミや汚れを取る

・ブラシクリーナー


獣毛ブラシは、素材の特性上水分を嫌うため、水洗いはNG。

綿棒や手を使った手入れが獣一般的ですが、毛ブラシ専用のブラシクリーナーを使うことで簡単に汚れを取り除くことができます。

他のブラシに比べて埃や髪の毛が付着しやすいので、こまめな手入れで清潔さを保つことが大切です。


▼まとめ

ヘアブラシの洗い方をご紹介しました。

ヘアブラシの役割は、ただ髪をとかすだけではありません。

髪に不要な汚れやゴミを落としたり、髪全体にツヤを与えるなどの効果があります。

ヘアブラシの効果を得るためにも、定期的に洗って清潔さを維持してみてくださいね。

NEW

  • 寒くなってきて冬仕様

    query_builder 2021/11/22
  • 泡おもい石鹸で環境がキレイに✨

    query_builder 2021/11/17
  • コラムを発信してまいります。

    query_builder 2021/07/30
  • 頭皮ニキビの原因ついて

    query_builder 2021/12/08
  • リンスとトリートメントの違いについて

    query_builder 2021/12/01

CATEGORY

ARCHIVE