生まれ持った自分のくせ毛を活かすヘアスタイル

query_builder 2021/08/21
コラム
6

くせ毛をコンプレックスだと思われている方は多いと思います。


そもそもくせ毛とは、その人にしかない「チャームポイント」でありうまく活かせばアクセントとして魅力的なヘアスタイルを作り出すことができます。

そこで、くせ毛を活かすためのテクニックを学んでいきましょう。


▼くせ毛を活かすメリットとデメリット

くせ毛を活かすヘアスタイルを望むのであれば、大前提として肩より短いレングスであることを推進します。


■メリット

・生まれ持ったくせ毛を活かせる

・短めなのでドライが早い

・慣れてしまえばスタイリングが楽

・毎日の変化が楽しい

・縮毛矯正の呪縛からの解放

くせ毛を活かすことは難しそうに思わがちですが、慣れてしまえばむしろとっても簡単なんです。


■デメリット

・カットやスタイリング剤にも髪質カバーの限界がある

・スタイリングは毎朝行う必要がある

・カットのメンテナンスが度々必要

・湿度の影響で毎日のヘアスタイルが少しずつ違う


デメリットを見て、スタイリングの時間が取れないと諦めてしまう方もいらっしゃるかもしれませんが一度試しにやってみるのもいいかもしれません。


▼くせ毛をスタイリングする時のドライヤーの使い方

①根本を濡らす

②タオルでドライする

③髪をとかす

④温風で乾かす

⑤冷風でスタイルを固定する


▼ヘアスタイリングのポイント

・ボリュームをコントロールする

・マット系のワックスを使用する

・ジェルもおすすめ


くせ毛にはスタイリング剤が必須です!

自分の髪質やスタイルにマッチするスタイリング剤が見つかりセットを毎日こなせるようになれば、人もうらやむくせ毛ヘアになれること間違いなしです。


▼まとめ

くせ毛の特性を活かしたおしゃれなヘアスタイルはいくつもあります。

個性でありそれを活かすことでより自分らしいヘアスタイルに出会える可能性を秘めています。

スタイリング剤は自分のくせ毛の特性・髪質に合うものを選び、個性を活かせる髪型をぜひ作ってみて下さい。

「Hair design Dan Dang」は、水の力によってカラーやパーマの薬剤の毒性を浄化すると注目のビーワンシステムを利用しています。

髪にお悩みをお持ちの方は、お気軽にお問い合わせ下さい。

NEW

  • 寒くなってきて冬仕様

    query_builder 2021/11/22
  • 泡おもい石鹸で環境がキレイに✨

    query_builder 2021/11/17
  • コラムを発信してまいります。

    query_builder 2021/07/30
  • 頭皮ニキビの原因ついて

    query_builder 2021/12/08
  • リンスとトリートメントの違いについて

    query_builder 2021/12/01

CATEGORY

ARCHIVE